ブラントンコンパス(英語表記)Brunton compass

世界大百科事典 第2版の解説

ブラントンコンパス【Brunton compass】

磁石,気泡水準器,鏡,照尺,錘をコンパクトに組み合わせた小型の測量・測角器具で,アメリカの地質調査所の測量技師ブラントンD.W.Brunton(1849‐1927)によって作られた。ブラントンコンパスは商品名で,一般名はポケットトランシットレベルともいう。三脚にとりつけることも可能で,ルートマッピングや坑内の地質調査の際の測量に使用する。クリノメーターの機能をそなえているので,地層面のみならず,岩石一般にみられる節理面,断層面,各種の線構造を野外で直接的に計測することができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android