コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラントンコンパス Brunton compass

1件 の用語解説(ブラントンコンパスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブラントンコンパス【Brunton compass】

磁石,気泡水準器,鏡,照尺,錘をコンパクト組み合わせた小型の測量・測角器具で,アメリカ地質調査所の測量技師ブラントンD.W.Brunton(1849‐1927)によって作られた。ブラントンコンパスは商品名で,一般名はポケットトランシットレベルともいう。三脚にとりつけることも可能で,ルートマッピングや坑内の地質調査の際の測量に使用する。クリノメーターの機能をそなえているので,地層面のみならず,岩石一般にみられる節理面,断層面,各種の線構造を野外で直接的に計測することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone