コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラントンコンパス Brunton compass

1件 の用語解説(ブラントンコンパスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブラントンコンパス【Brunton compass】

磁石,気泡水準器,鏡,照尺,錘をコンパクト組み合わせた小型の測量・測角器具で,アメリカ地質調査所の測量技師ブラントンD.W.Brunton(1849‐1927)によって作られた。ブラントンコンパスは商品名で,一般名はポケットトランシットレベルともいう。三脚にとりつけることも可能で,ルートマッピングや坑内の地質調査の際の測量に使用する。クリノメーターの機能をそなえているので,地層面のみならず,岩石一般にみられる節理面,断層面,各種の線構造を野外で直接的に計測することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラントンコンパスの関連キーワードコンパクトカメラ水準器困迫コンパクトカー照尺気泡管水準器サブコンパクトカー手準器低タンパク質食コンパクトキッチン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone