ブリコラージュ(英語表記)bricolage

翻訳|bricolage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ブリコラージュ」の解説

ブリコラージュ
bricolage

人類学用語。本来,片手間に行う雑多な手仕事を意味する言葉で,「器用仕事」などと訳されることもある。フランスの人類学者 C.レビ=ストロースが,著書『野性の思考』 (1962) のなかでいわゆる「未開」社会の思考様式の特徴を示すために用いた。彼によれば,「未開」社会の思考では,身近な具体的対象が状況に応じてさまざまな意味をもつ記号として用いられる。これを,ありあわせの物でやりくりするブリコラージュにたとえた。たとえば,トーテミズムにおいて,殺した動物の鮮肉を食べるタカと遺棄された腐肉を食べるカラスとの対比によって,貴族階層と平民階層の対比が表現される。レビ=ストロースは,このような記号による類似と対立に基づいた思考法が,近代西欧の概念的思考と比肩されるべきものであると主張して,それまでの「未開」対「文明」という認識に対し,発想の転換を呼起した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ブリコラージュ」の解説

ブリコラージュ(〈フランス〉bricolage)

あり合わせの道具材料で物を作ること。日曜大工。器用仕事。転じて、持ち合わせているもので、現状を切り抜けること。
[補説]英語のdo-it-yourselfにあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ブリコラージュ」の解説

ブリコラージュ

〘名〙 (bricolage) 日曜大工。器用仕事。転じて、持ち合わせているもので、新しいものを作り出すこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android