コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリッティング ブリッティングBritting, Georg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリッティング
Britting, Georg

[生]1891.2.17. レーゲンスブルク
[没]1964.4.27. ミュンヘン
ドイツの詩人,作家。第1次世界大戦で重傷を負う。帰還後ミュンヘンで作家生活。花と水と色を歌う自然描写を本領とする詩人で,『現世の日』 Der irdische Tag (1935) などの詩集がある。ほかに小説『ハムレットと称する男の物語』 Lebenslauf eines dicken Mannes,der Hamlet hiess (32) や短編集がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリッティング
ぶりってぃんぐ
Georg Britting
(1891―1964)

ドイツの小説家、詩人。第一次世界大戦には学業なかばで志願兵となり、重傷を負って帰還。1920年以後ミュンヘンで作家生活を送った。その散文作品や叙情詩は、しばしばバイエルンの自然と風土、市民や農民の日常生活に取材したテーマを扱い、ためにナチス時代には「民族的」と歓迎されたこともあるが、認識可能な現実の背後に根元的で超自然的(デモーニツシユ)な力を探ろうとしている。ドナウ川流域の生活を描いた短編集『河畔の小世界』(1932)、簡潔な用語と洗練された形式による詩集『現世の日』(1935)、『ワイン賛歌』(1942)、また表現主義的長編小説『ハムレットなる男の人生』(1932)などがある。[横塚祥隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブリッティングの関連キーワードゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ自破砕角礫岩町・丁田山花袋中筋早稲田文学アドバルーン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone