コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリネル硬さ ブリネルかたさ Brinell hardness

4件 の用語解説(ブリネル硬さの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリネル硬さ
ブリネルかたさ
Brinell hardness

主として金属試料の硬さを表わす量の一つで,スウェーデンの技術者 J.A.ブリネルの提案になる。ブリネル硬さ試験機によって測定され,試験機には油圧式,てこ式,振り子式がある。いずれも鋼球圧子 (直径 D が 5mmまたは 10mm) を用いて試料にくぼみをつけ,そのときの試験荷重 P(N) と試料にできた永久くぼみの直径 dmm から,次式に従って算出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブリネル‐かたさ【ブリネル硬さ】

工業材料をはじめとする物質の硬さ(硬度)の示し方の一。押し込み硬さの一種。一定荷重をかけた鋼球を試料に押し込み、できたくぼみの表面積でその荷重を除した値で表す。1900年スウェーデンの技師J=A=ブリネルが考案。ブリネル硬度ブルネル硬さ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブリネル硬さ【ブリネルかたさ】

試料の試験面に鋼球を置き,所定の荷重を加えたとき生ずる残留くぼみの表面積で,加えた荷重を除した商で表される硬さ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリネル硬さ
ぶりねるかたさ
Brinell hardness

工業材料の硬さを表す尺度の一つで、押込み硬さの一種。この硬さ試験法は1900年にスウェーデンの技師ブリネルJohann August Brinell(1849―1925)によって提案されたものであり、工業界で硬さ試験が広く行われる契機となった。ブリネル硬さは、焼入れした鋼球を試料表面に一定の荷重で押し込み、圧子を取り除いたあとにできる球分のくぼみの直径から表面積を算出し、荷重をこの面積で除した商で表す。すなわち鋼球圧子と試料の接触面の平均圧力を硬さとするもので、硬い材料ほど同一荷重下でのくぼみが小さいから接触圧力は大きくなる。[林 邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブリネル硬さの言及

【硬さ試験】より

…そのため実際にはまず硬さ試験法を定義し,その結果得られる値を硬さと定義する方法がとられている。硬さ試験法にも多くの種類があるが,代表的なものを分類すると,硬い材料ほど物を押し込むのに大きな力を必要とすることを利用した押込み硬さ試験(ブリネル硬さ試験,ビッカース硬さ試験,ロックウェル硬さ試験など),硬い材料ほど反発が大きいことを利用した反発硬さ試験(ショア硬さ試験など),硬い材料ほど引っかききずができにくいことを利用した引っかき硬さ試験(マルテンス引っかき硬さ試験など)などがあり,おもなものはJISに規定されている。いずれの試験法においても得られた硬さ値が大きい材料ほど硬いことを意味する。…

※「ブリネル硬さ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリネル硬さの関連キーワード硬さショア硬さ押込み硬さジャンカ硬さデュロメーター反発硬さ引っ掻き硬さマイヤー硬さから試験示差走査熱量測定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone