コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリハット・サンヒター Bṛhat‐saṃhitā

世界大百科事典 第2版の解説

ブリハット・サンヒター【Bṛhat‐saṃhitā】

6世紀インドの博学の占星家バラーハミヒラが著した107章からなる占いの書。占いの三大分野の一つ〈サンヒター〉に属するから,本来の目的は前兆について論ずることであるが,天象のみならず,気象,天変地異,動物,植物,鉱物および人間を含む自然界のあらゆる現象を前兆として扱い,政治,軍事,経済など社会的な営みと,衣服,食物,住居,祭事,旅行,結婚などあらゆる個人的営みとが占われるべき対象になっている。そこで天文学占星術,医学,文法学,韻律学,祭式学などインドの伝統的な学問に対する彼の知識が遺憾なく発揮され,まさにインド古代文化を集成した百科全書ともいうべき側面をもっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブリハット・サンヒターの言及

【バラーハミヒラ】より

…《パンチャ・シッダーンティカー》は数理天文学(ガニタ)に関する五つの書物を要領よくまとめたものである。《ブリハット・サンヒター》は前兆と占い全般について詳細かつ包括的に述べたものであり,一種の百科全書の趣を呈している。《ブリハッ・ジャータカ》はヘレニズム起源のホロスコープ占星術のインド化した形態をみごとにまとめたものである。…

※「ブリハット・サンヒター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android