コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュヌ ブリュヌBrune, Guillaume (-Marie-Anne)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリュヌ
Brune, Guillaume (-Marie-Anne)

[生]1763.3.13. ブリブラガイヤルド
[没]1815.8.2. アビニョン
フランスの軍人,元帥。フランス革命期,G.ダントンを支持し,バンデーの反乱の鎮圧後軍人生活に入った。 1796年アルコレの戦いで有名になり,1804年元帥。その後イスタンブール駐在大使をつとめた。 14年までナポレオン1世の不興を買っていたが,「百日天下」ではナポレオンに味方し,ワーテルローの戦い後,南フランスの王党派による「白色テロ」によって虐殺された。

ブリュヌ
Brunhes, Jean

[生]1869. ツールーズ
[没]1930. ブーローニュ
フランスの地理学者。景観を重視し,人文地理学に明確な教育的基礎を与えた。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) でビダール・ド・ラ・ブラーシュに地理学を学んだ。 1896~1908年スイスのフリブール大学教授。 09年ローザンヌ大学に移る。 12年以後コレージュ・ド・フランスの教授。 29年科学アカデミー会員。主著に『人文地理学』 Géographie Humaine (1910) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブリュヌの関連キーワードル・コルビュジエダントンビダールイェーツモナコ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android