コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュネ ブリュネ Brunet, Jules

3件 の用語解説(ブリュネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリュネ
ブリュネ
Brunet, Jules

[生]1838.1.2. ベルフォール
[没]1911.8.12. フォントネスーボア
フランスの来日教師。慶応3 (1867) 年,砲兵大尉のとき,フランス陸軍教師団の一人として江戸幕府に招聘され着任。幕府陸軍に砲術を教授するかたわら,倒幕派に対抗する軍事戦略を助言した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブリュネ Brunet, Jules

1838-1911 フランスの軍人。
1838年1月2日生まれ。慶応2年(1866)江戸幕府の要請で来日したフランス陸軍教官団の士官。幕府崩壊後も榎本武揚(たけあき)の軍にくわわり,箱館(はこだて)でたたかう。五稜郭陥落直前サイゴン経由で帰国。のち少将,リヨン防衛軍司令官。画の才能もあり,幕末の風俗,風景のスケッチを数おおくのこした。1911年8月12日死去。73歳。ベルフォール出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ブリュネ

没年:1911.8.12(1911.8.12)
生年:1838.1.2
フランスの軍人。慶応3(1867)年,江戸幕府がフランス陸軍教官団を招いた際,団長シャノアーヌと共に来日。幕府軍養成のかたわら薩摩軍に対抗する軍事戦略を助言した。幕府は瓦解し教官団は解体したが,維新政府軍と一戦を交えるべく榎本武揚の艦隊に投じ箱館(函館)で戦った。行動を共にしたフランス軍人は他に教官団4名と海・陸軍兵士5名。新政府はブリュネらの行動は外敵行為とフランス公使に厳重抗議し国際問題となった。箱館陥落後,本国に送還。本国では来日前から優れた画家として知られ,日本滞在中に描いた徳川慶喜デッサンなども残している。<参考文献>洞富雄『幕末外交史の研究』,高橋邦太郎『お雇い外国人(軍事)』

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリュネの関連キーワードジラールルボンフランスソワールマンデスフランスフランステレビジオン小国磐カズヌーブデュ=ブスケ久松定謨ペキネ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリュネの関連情報