コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリンクリー ブリンクリー Francis Brinkley

4件 の用語解説(ブリンクリーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブリンクリー(Francis Brinkley)

[1841~1912]英国の海軍軍人ジャーナリスト。1867年(慶応3)来日し、海軍砲術学校などで教えた。「ジャパンメール」紙を発行、日本の文化を海外に紹介。東京で没。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブリンクリー Brinkley, Francis

1841-1912 イギリスの軍人,ジャーナリスト。
1841年11月9日生まれ。慶応3年(1867)イギリス公使館付武官補として来日,海軍砲術学校でおしえる。明治14年英字新聞「ジャパン-メール」を刊行。日清戦争後は「ロンドン-タイムズ」の通信員をかね,「日本武士道論」を連載した。大正元年10月22日東京で死去。70歳。アイルランド出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ブリンクリー

没年:1912.10.22(1912.10.22)
生年:1841.11.9
イギリスのジャーナリスト,海軍軍人。慶応3(1867)年日本公使官付武官補並びに守備隊長として来日。明治4(1871)年から海軍砲術学校主任教師を約5年間務めた。水戸藩士の娘と結婚し帰国しなかった。日本語にくわしく新聞記者日本美術鑑定家として,親日的立場で日本を広く海外に紹介した。<参考文献>下村寅太郎『明治の日本人

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ブリンクリー【Francis Brinkley】

1841~1912) イギリスの軍人。1867年来日、海軍砲術学校・工部大学校教師を歴任。「ジャパン-メイル」紙の経営者となり、日本紹介に努めた。東京で没した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリンクリーの関連キーワードヤングハズバンドイギリスオランダ戦争英国イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリスの名車Miniバースデーの日ドーグラスパチソンイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリンクリーの関連情報