コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルンシュウィク ブルンシュウィク Brunschwig, Hieronimus

1件 の用語解説(ブルンシュウィクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルンシュウィク
ブルンシュウィク
Brunschwig, Hieronimus

[生]1450
[没]1534
ドイツの外科医,薬剤師ボローニャパドバ,パリで学び,博識で,著作が多い。『外科学』 Das ist das Buch der Cirurgia (1497) では,創傷,出血,骨折,脱臼,穿頭術,切断術など,当時の外科技術全般について解説,初めて銃創について詳細に説いているが,療法としては当時の通説である火薬有毒説を採用している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルンシュウィクの関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone