コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルンシュウィク Brunschwig, Hieronimus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルンシュウィク
Brunschwig, Hieronimus

[生]1450
[没]1534
ドイツの外科医,薬剤師。ボローニャ,パドバ,パリで学び,博識で,著作が多い。『外科学』 Das ist das Buch der Cirurgia (1497) では,創傷,出血,骨折,脱臼,穿頭術,切断術など,当時の外科技術全般について解説,初めて銃創について詳細に説いているが,療法としては当時の通説である火薬有毒説を採用している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブルンシュウィクの関連キーワードケイド伯爵戦争世宗ウェールズ文学トゥトモス3世バルセロナヒッタイト美術鍾馗ケードの乱スフォルツァ家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android