ブレステッド(英語表記)Breasted, Henry James

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレステッド
Breasted, Henry James

[生]1865.8.27. ロックフォード
[没]1935.12.2. ニューヨーク
アメリカの考古学者。特にエジプト学に造詣が深かった。シカゴ大学教授として調査研究に携わりながら,同大学のオリエント研究所の設立 (1919) に尽力,アメリカにおけるエジプト学の指導的立場にあった。『エジプト史』A History of Egypt (1905) ,『古代エジプトの諸記録』 Ancient Records of Egypt (5巻,1906) ,『古代エジプトの宗教と思想の発達』 Development of Religion and Thought in Ancient Egypt (1912) などの優れた著書があり,文明の発祥地としての「肥沃な三日月地帯」の用語の創始者である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブレステッド【James Henry Breasted】

1865‐1935
アメリカのエジプト学の創始者。イリノイ州ロックフォードの生れ。はじめ薬学を修めたが,のちヘブライ語を学ぶうち,古代オリエント史一般,とくにエジプト学に関心を深め,ドイツに渡ってA.エルマン弟子となる。帰国後シカゴ大学でアメリカでは最初のエジプト学の教授職についた。そののちロックフェラー財団の援助をうけて,同大学にオリエント研究所を設置し,文献収集,考古遺物の入手と陳列,遺跡の発掘・調査およびその報告書作成などにつとめ,同研究所を新大陸におけるオリエント諸学のメッカとし,またエジプト学の弟子も多く養成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android