コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥沃な三日月地帯 ひよくなみかづきちたい Fertile Crescent

翻訳|Fertile Crescent

3件 の用語解説(肥沃な三日月地帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
Fertile Crescent

ペルシア湾からチグリスユーフラテス両川に沿って北西に伸びるメソポタミア地方から,さらにユーフラテス川をさかのぼってシリア地方にいたり,地中海岸に沿って南下してパレスチナ地方にいたる,ちょうど三日月 (半月) の形をなす地域。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひよくなみかづきちたい【肥沃な三日月地帯】

西アジア、メソポタミアからシリアに連なる三日月形の農耕地帯。古代オリエント文明の中心地で、最古の農耕文化はこの地域でおこった。広義には、エジプトのナイル川流域も含める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
The Fertile Crescent

中近東あるいはオリエントとよばれる地域のうち、初期文明が発生したティグリス・ユーフラテス河谷、東地中海岸、ナイル河谷がほぼ三日月の形体の配置を示しているところから、アメリカのオリエント学者J・H・ブレステド(1865―1935)が名づけた呼称。土地が肥沃であるだけでなく、豊かな文明が開花した地帯であることを意味している。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肥沃な三日月地帯の関連キーワード印章西アジアスールナイ東洋音楽アジ片アジ・るESCWA遊牧民族東京大学西アジア洪積世人類遺跡調査団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肥沃な三日月地帯の関連情報