コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥沃な三日月地帯 ひよくなみかづきちたいFertile Crescent

翻訳|Fertile Crescent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
Fertile Crescent

ペルシア湾からチグリス,ユーフラテス両川に沿って北西に伸びるメソポタミア地方から,さらにユーフラテス川をさかのぼってシリア地方にいたり,地中海岸に沿って南下してパレスチナ地方にいたる,ちょうど三日月 (半月) の形をなす地域。アメリカの考古学者 H.ブレステッドによって初めて用いられた用語。北には山岳地帯を,南には不毛なアラビアの砂漠を控え,その肥沃さのゆえに古代オリエント文明発祥地となり,以来幾多の古代文明がこの地域において勃興した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひよくなみかづきちたい【肥沃な三日月地帯】

西アジア、メソポタミアからシリアに連なる三日月形の農耕地帯。古代オリエント文明の中心地で、最古の農耕文化はこの地域でおこった。広義には、エジプトのナイル川流域も含める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
The Fertile Crescent

中近東あるいはオリエントとよばれる地域のうち、初期文明が発生したティグリス・ユーフラテス河谷、東地中海岸、ナイル河谷がほぼ三日月の形体の配置を示しているところから、アメリカのオリエント学者J・H・ブレステド(1865―1935)が名づけた呼称。土地が肥沃であるだけでなく、豊かな文明が開花した地帯であることを意味している。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肥沃な三日月地帯の関連キーワードアブダッラー新石器時代イルビールジャルモ期ペルシア湾矢島文夫農耕文化エジプト三日月形ステッド中心地イラク最古農耕広義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android