コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥沃な三日月地帯 ひよくなみかづきちたいFertile Crescent

翻訳|Fertile Crescent

3件 の用語解説(肥沃な三日月地帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
Fertile Crescent

ペルシア湾からチグリスユーフラテス両川に沿って北西に伸びるメソポタミア地方から,さらにユーフラテス川をさかのぼってシリア地方にいたり,地中海岸に沿って南下してパレスチナ地方にいたる,ちょうど三日月 (半月) の形をなす地域。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひよくなみかづきちたい【肥沃な三日月地帯】

西アジア、メソポタミアからシリアに連なる三日月形の農耕地帯。古代オリエント文明の中心地で、最古の農耕文化はこの地域でおこった。広義には、エジプトのナイル川流域も含める。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
The Fertile Crescent

中近東あるいはオリエントとよばれる地域のうち、初期文明が発生したティグリス・ユーフラテス河谷、東地中海岸、ナイル河谷がほぼ三日月の形体の配置を示しているところから、アメリカのオリエント学者J・H・ブレステド(1865―1935)が名づけた呼称。土地が肥沃であるだけでなく、豊かな文明が開花した地帯であることを意味している。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肥沃な三日月地帯の関連情報