コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥沃な三日月地帯(読み)ひよくなみかづきちたい(英語表記)Fertile Crescent

翻訳|Fertile Crescent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
Fertile Crescent

ペルシア湾からチグリス,ユーフラテス両川に沿って北西に伸びるメソポタミア地方から,さらにユーフラテス川をさかのぼってシリア地方にいたり,地中海岸に沿って南下してパレスチナ地方にいたる,ちょうど三日月 (半月) の形をなす地域。アメリカの考古学者 H.ブレステッドによって初めて用いられた用語。北には山岳地帯を,南には不毛なアラビアの砂漠を控え,その肥沃さのゆえに古代オリエント文明発祥地となり,以来幾多の古代文明がこの地域において勃興した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひよくなみかづきちたい【肥沃な三日月地帯】

西アジア、メソポタミアからシリアに連なる三日月形の農耕地帯。古代オリエント文明の中心地で、最古の農耕文化はこの地域でおこった。広義には、エジプトのナイル川流域も含める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
The Fertile Crescent

中近東あるいはオリエントとよばれる地域のうち、初期文明が発生したティグリス・ユーフラテス河谷、東地中海岸、ナイル河谷がほぼ三日月の形体の配置を示しているところから、アメリカのオリエント学者J・H・ブレステド(1865―1935)が名づけた呼称。土地が肥沃であるだけでなく、豊かな文明が開花した地帯であることを意味している。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android