ブローチ盤(読み)ブローチばん(英語表記)broaching machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブローチ盤
ブローチばん
broaching machine

ブローチを使って,加工物の表面や穴の内面を種々の形に削り加工する (ブローチ削り) 工作機械ブローチは加工物の穴またはの軸方向に移動させ切削を行う。加工対象面から内面用と表 (外) 面用が,ブローチの運動方向から立型と横型があり,切削方式によって押削り型と引削り型とに分けられる。ブローチの駆動法には油圧式,電気式,ねじ式などがあるが,油圧式が最も普及している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブローチ盤【ブローチばん】

棒状の本体外周の軸に沿って多数の切刃が寸法順に配列されているブローチという工具を,工作物の穴の内面や溝の軸方向に移動させ,各切刃により少しずつ削り取ってブローチの外形通り仕上げる工作機械。複雑な形状の穴や溝を高精度に仕上げる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブローチ盤
ぶろーちばん
broaching machine

ブローチとよばれる専用の工具を用いて、各種工作物の表面加工やスプライン穴など種々の形状をした穴の内面加工を行う工作機械。ブローチは、加工形状と相似の多数の刃が順次寸法を増しながら軸線方向に配列されている棒状の工具である。
 ブローチ加工は互換性を要する部品の量産に適しており、加工方法は工作物とブローチの間に軸方向の切削送り運動を与えるという単純なもので、能率的な加工を行うことができる。
 ブローチ盤は、構造上から立て形と横形、加工上から内面、表面、内面表面両用、駆動方式により油圧式と電気‐機械式、加工形式から引張り形、押し形、回転形、復動形、連続形、およびブローチの数により単動形と複動形などに大別されている。[清水伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ブローチ‐ばん【ブローチ盤】

〘名〙 (「ブローチ」はbroach) 工作機械の一つ。ブローチを用いていろいろな形の穴を開ける機械。矢通し機械。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のブローチ盤の言及

【工作機械】より

…一度に多量の素材を除去するため,大型でがんじょうな門形構造にすることが多い。ブローチ盤棒状の本体外周に,荒加工から仕上加工を行う刃が寸法順に配列された工具(ブローチという)を用いて,いろいろな断面形状の穴や表面を加工する工作機械。ブローチの1回の運動で高い精度の加工ができるほか,量産用の加工方法としても優れているため,最近広く用いられている。…

※「ブローチ盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android