コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブローチ盤 ブローチばん broaching machine

4件 の用語解説(ブローチ盤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブローチ盤
ブローチばん
broaching machine

ブローチを使って,加工物の表面や穴の内面を種々の形に削り加工する (ブローチ削り) 工作機械ブローチは加工物の穴または溝の軸方向に移動させ切削を行う。加工対象面から内面用と表 (外) 面用が,ブローチの運動方向から立型と横型があり,切削方式によって押削り型と引削り型とに分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブローチ‐ばん【ブローチ盤】

ブローチを用いて、所定の形の穴を開ける切削加工をする工作機械。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブローチ盤【ブローチばん】

棒状の本体外周の軸に沿って多数の切刃が寸法順に配列されているブローチという工具を,工作物の穴の内面や溝の軸方向に移動させ,各切刃により少しずつ削り取ってブローチの外形通り仕上げる工作機械

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブローチ盤
ぶろーちばん
broaching machine

ブローチとよばれる専用の工具を用いて、各種工作物の表面加工やスプライン穴など種々の形状をした穴の内面加工を行う工作機械。ブローチは、加工形状と相似の多数の刃が順次寸法を増しながら軸線方向に配列されている棒状の工具である。
 ブローチ加工は互換性を要する部品の量産に適しており、加工方法は工作物とブローチの間に軸方向の切削送り運動を与えるという単純なもので、能率的な加工を行うことができる。
 ブローチ盤は、構造上から立て形と横形、加工上から内面、表面、内面表面両用、駆動方式により油圧式と電気‐機械式、加工形式から引張り形、押し形、回転形、復動形、連続形、およびブローチの数により単動形と複動形などに大別されている。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブローチ盤の言及

【工作機械】より

…一度に多量の素材を除去するため,大型でがんじょうな門形構造にすることが多い。ブローチ盤棒状の本体外周に,荒加工から仕上加工を行う刃が寸法順に配列された工具(ブローチという)を用いて,いろいろな断面形状の穴や表面を加工する工作機械。ブローチの1回の運動で高い精度の加工ができるほか,量産用の加工方法としても優れているため,最近広く用いられている。…

※「ブローチ盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブローチ盤の関連キーワード加工旋盤円筒ゲージラッピングローブローブロワー特定細胞加工物化学加工チョップブローエルボーブロック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone