コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーツァー Bucer(Butzer), Martin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーツァー
Bucer(Butzer), Martin

[生]1491.11.11. シュレットシュタット
[没]1551.2.28. ケンブリッジ
ドイツのプロテスタント宗教改革者。別名 Martin Kuhhorn。 1506年ドミニコ会入会。ハイデルベルクで学び,D.エラスムス,M.ルターの影響を受け,改革運動に参加。宗教改革が広く社会,教会,国家,教育,道徳などの革新にもなるように企図し,キリスト教的ヒューマニズムやルネサンスの思想を受け入れ,人間や社会における真なる善,根源的な正しさの新生を追求。キリスト教内部での抗争を避けようと考え,種々の会議で妥協的立場を取った。 1549年大主教 T.クランマーに招かれてイギリスに渡り,ケンブリッジ大学神学教授となり,イギリスの宗教改革に助言を与えるにいたって彼の年来の企図は十全に展開された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブーツァーの関連キーワードウィッテンベルク協定マールブルク会談シュトゥルム11月11日改革派教会セルベツススイス信条ベルミリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android