コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プフタ プフタ Puchta, Georg Friedrich

2件 の用語解説(プフタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プフタ
プフタ
Puchta, Georg Friedrich

[生]1798.8.31. カドルツブルク
[没]1846.1.8. ベルリン
ドイツの法学者。 1828年ミュンヘン大学を振出しに,35年マールブルク大学,37年ライプチヒ大学,42年ベルリン大学ローマ法,教会法の教授を歴任。ドイツ歴史法学派の代表者の一人で,慣習法は民族精神の現れであるから,法の中心的位置を占めるという見解に基づいて,ドイツ普通法として継受されていたローマ法を論理的に体系化し,19世紀ドイツの現状に適応させることを目指した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プフタ【Georg Friedrich Puchta】

1798‐1846
ドイツの法学者。ミュンヘン,ライプチヒマールブルクの各大学を経て,1842年よりサビニーの後継者としてベルリン大学教授となった。その著《慣習法論Das Gewohnheitsrecht》2巻(1828,37)は,〈歴史法学〉のいう,ロマン主義的民族精神に基づき,民族の全構成員が法形成に参与する段階から,法形成を専門法律家が支配する段階への,不可欠の移行過程(学問的実証主義化)を,フィヒテヘーゲルの歴史哲学的弁証法によって,〈法源論〉という形態を取りつつ推し進めたものとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プフタの関連キーワードゾームランプレヒトニューミュンヘンミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘンビールライプチヒの戦レーンホルム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone