コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プフタ プフタPuchta, Georg Friedrich

2件 の用語解説(プフタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プフタ
プフタ
Puchta, Georg Friedrich

[生]1798.8.31. カドルツブルク
[没]1846.1.8. ベルリン
ドイツの法学者。 1828年ミュンヘン大学を振出しに,35年マールブルク大学,37年ライプチヒ大学,42年ベルリン大学ローマ法,教会法の教授を歴任。ドイツ歴史法学派の代表者の一人で,慣習法は民族精神の現れであるから,法の中心的位置を占めるという見解に基づいて,ドイツ普通法として継受されていたローマ法を論理的に体系化し,19世紀ドイツの現状に適応させることを目指した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プフタ【Georg Friedrich Puchta】

1798‐1846
ドイツの法学者。ミュンヘン,ライプチヒマールブルクの各大学を経て,1842年よりサビニーの後継者としてベルリン大学教授となった。その著《慣習法論Das Gewohnheitsrecht》2巻(1828,37)は,〈歴史法学〉のいう,ロマン主義的民族精神に基づき,民族の全構成員が法形成に参与する段階から,法形成を専門法律家が支配する段階への,不可欠の移行過程(学問的実証主義化)を,フィヒテヘーゲルの歴史哲学的弁証法によって,〈法源論〉という形態を取りつつ推し進めたものとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

プフタの関連キーワード目黒道琢オファイトアラブ文学ゴヤ(年譜)天理教(てんりきょう)飯田忠彦うひ山ぶみ海保漁村学問所勤番ガルバーニ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone