コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利益法学 りえきほうがくInteressenjurisprudenz

3件 の用語解説(利益法学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利益法学
りえきほうがく
Interessenjurisprudenz

自由法論を背景にして,R.イェーリングの影響のもとに P.ヘックらが主唱した法学。自由法論と同様に概念法学を批判するが,自由な法解釈または法発見が恣意に陥ることのないように,利益衝突の解決基準たる法に即した利益衡量を強調する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

利益法学【りえきほうがく】

法を利益衡量の所産とみて,法の解釈を利益整序の観点から行う法学。ベンサム功利主義イェーリング目的法学に源をもち,概念法学排撃の点では自由法運動と共通する。
→関連項目イェーリング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りえきほうがく【利益法学 Interessenjurisprudenz[ドイツ]】

法の解釈と適用において,〈利益〉の概念を指導理念とすることにより,判決を法および実生活に即応したものにしようとした法学上の一学派。20世紀初頭ドイツにおいてリューメリンMax von Rümelin(1861‐1931)やヘックPhilipp von Heck(1858‐1943)らによって提唱された。中心点は次の2点である。(1)法が利益の所産であることの認識。つとにR.vonイェーリングは,権利を〈法的に保護された利益〉だとしていたが,利益法学はこの立場を徹底させ,法とは立法者が社会における拮抗的な諸利益に対してどれをいかに保護するかの価値判断を行った産物だとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の利益法学の言及

【自由法論】より

…エールリヒは〈生ける法〉を経験科学的に探求することによって,ドイツに〈法社会学〉を誕生させた。他方でまたヘックPhilipp von Heck(1858‐1943)の〈利益法学〉にみられるように,法の解釈学自体に新生面を開いたものもあり,自由法論は多彩な方向をはらんでいたといえる。 フランスでは,ナポレオン法典が早く(1804)に成立した関係もあり,成文法を唯一の法源とみなし,その厳密な適用を求める注釈学派が長く支配していた。…

※「利益法学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone