コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラエネステ Praeneste

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラエネステ
Praeneste

古代イタリア,ラチウム地方の都市。現パレストリナ。アペニン山脈の丘の上にあって,伝説ではオデュッセウスの子テレゴヌスが建設したとされる。前7世紀にエトルリア文化が栄え,ラテン都市とともにローマと戦ったが敗れ,ローマからの亡命者受入れ地となり,前 90年自治都市 (ムニキピウム ) となった。前 82年マリウス派の拠点となったため L.スラの攻略を受け,彼の植民によって市街はふもとに移った。前1世紀頃建てられたフォルツナ神殿は有名。またアウグスツス,ハドリアヌスらの皇帝やプリニウス (小) らの別荘地でもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラエネステ【Praeneste】

古代ローマのラテン人の都市。現在のパレストリーナPalestrina。ローマから東南東約30kmのアペニノ山中の高く涼しい場所にあった。伝承では神話時代に創られ,前700年ころまでエトルリア化した進んだ文化をもっていた。歴史には前5世紀に強力なラテン人の都市として初めて現れる。前4世紀にはローマとしばしば戦い,ラテン戦争に参加した後ローマに領地を奪われ,同盟市となる。前90年にローマの自治市(ムニキピウム)となったが,マリウスに味方したためスラはこの町を略奪し,低い地位に落として退役兵を植民した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

プラエネステの関連キーワードフォルトゥナラテン語ローマ字

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラエネステの関連情報