コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラエネステ プラエネステ Praeneste

2件 の用語解説(プラエネステの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラエネステ
プラエネステ
Praeneste

古代イタリアラチウム地方の都市。現パレストリナ。アペニン山脈の丘の上にあって,伝説ではオデュッセウスの子テレゴヌスが建設したとされる。前7世紀にエトルリア文化が栄え,ラテン都市とともにローマと戦ったが敗れ,ローマからの亡命者受入れ地となり,前 90年自治都市 (ムニキピウム ) となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プラエネステ【Praeneste】

古代ローマのラテン人の都市。現在のパレストリーナPalestrina。ローマから東南東約30kmのアペニノ山中の高く涼しい場所にあった。伝承では神話時代に創られ,前700年ころまでエトルリア化した進んだ文化をもっていた。歴史には前5世紀に強力なラテン人の都市として初めて現れる。前4世紀にはローマとしばしば戦い,ラテン戦争に参加した後ローマに領地を奪われ,同盟市となる。前90年にローマの自治市(ムニキピウム)となったが,マリウスに味方したためスラはこの町を略奪し,低い地位に落として退役兵を植民した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラエネステの関連キーワードパレスラウィニウムラテン人羅馬パラティーノの丘ローマの七丘パタラ古代ローマの航跡をたどれ古代ローマ人の格言ラテン権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone