コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラムポックスウイルス プラムポックスウイルス plum pox virus

2件 の用語解説(プラムポックスウイルスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プラム‐ポックス‐ウイルス(plum pox virus)

サクラ属の植物に広く感染する植物ウイルス。1915年にブルガリアで発見され、ヨーロッパ・北米・南米およびアフリカアジアの一部で発生が確認されている。アブラムシの媒介や接ぎ木・苗によって感染する。種子や果実からは感染しない。ウメモモスモモネクタリンアンズなどの果樹が被害を受けやすく、葉や果実の表面に斑紋が現れたり、成熟前に落果したりするため、商品価値・生産性が損なわれる。日本では平成21年(2009)に初めて、東京都青梅市でウメに感染が発見された。PPV

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

プラムポックスウイルス

1915年にブルガリアで発見された外来種のウイルス。北米や南米、アジアでも見つかっている。梅のほかモモやスモモなどサクラ属の果樹を宿主にする。アブラムシを媒介にするほか、接ぎ木などを経由して感染する。3年ほどの潜伏期間があり、果実や葉に斑点などが出るため、商品価値の低下につながる。伝染した果実を食べても健康に影響はない。

(2014-06-15 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラムポックスウイルスの関連キーワードサイトメガロウイルス植物ウイルス動物ウイルスウイルスメールB型肝炎ウイルスピンピネラ属ウメ輪紋ウイルス建部到平井篤造福士貞吉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラムポックスウイルスの関連情報