コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリトビーラージ Prithvīrāj

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリトビーラージ
Prithvīrāj

[生]?
[没]1192
インド,ラージプート族のチャーハマーナ朝 (チャウハーン朝) の王。 1191年ラージプート連合軍を率いてゴール朝ムハンマド (→ムハンマド・ゴーリー ) の侵入を阻止したが,翌年の再侵入に敗れて捕われ殺された。これによってイスラム教徒のインド支配への道が開かれた。彼とカナウジのジャイチャーンド王の美しい娘との恋は多くの物語詩に歌われ,ヒンディー文学初期の代表作品『プリトビーラージラーソ』 (チャンド・バルダーイー作) は,その一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プリトビーラージ【Pṛthvīrāj】

?‐1192
インド,ラージプート諸王朝の一つチャウハン(チャーハマーナ)朝の王。在位1177‐92年。武将の誉れ高く,都のアジュメールを中心にラージャスターンからガンガー(ガンジス)上流域におよぶ領土を支配した。1191年,プリトビーラージはラージプート連合軍を率いタラーインTarāinの地でゴール朝のムハンマドの軍を撃退したが,翌年の第2次タラーインの戦ではムハンマド軍に敗れ,捕らわれ殺された。彼の死によって最後の防波堤が崩れ,イスラム教徒によるインド支配への道が開かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプリトビーラージの言及

【ゴール朝】より

…その際には,インド北西部ムルターンにいた異端のイスマーイール派を倒すとの大義名分を掲げていたが,直接の目的はガズナ朝同様,インドの富にあった。1191,92年の2度にわたる,パンジャーブのデリー近くのタラーインの戦で,プリトビーラージを中心とするラージプート連合軍を破って,北インドにムスリム支配の基礎を築いた。彼は,北インドにアイバクほか有力な部将を置き支配を固めようとしたが,1206年,ラホールからガズナに帰る途中で暗殺された。…

【チャウハン朝】より

…9世紀にジャイプル地方に興り,プラティーハーラ朝衰滅後アジュメール地方を征服して有力になった。12世紀後半デリー地方に進出して,プリトビーラージ(在位1177‐92)はゴール朝の侵攻を防いだが,1192年タラーイン(タラーオリー)の戦で敗死し,王朝は事実上滅びた。これがムスリム(イスラム教徒)軍隊のインド征服の端緒となった。…

※「プリトビーラージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プリトビーラージの関連キーワードデリー・サルタナットラージプート族チャウハン朝チャンド

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android