コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリングスハイム プリングスハイム Pringsheim, Klaus

2件 の用語解説(プリングスハイムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリングスハイム
プリングスハイム
Pringsheim, Klaus

[生]1883.7.24. ミュンヘン
[没]1972.12.7. 東京
ドイツの指揮者,作曲家,音楽学者。ウィーンジュネーブプラハブレーメンベルリンの歌劇場で指揮と演出にたずさわり,そのかたわら作曲,評論活動も行う。 1931年来日して東京音楽学校で教え,その後一時バンコクカリフォルニアへ移ったが再度来日,武蔵野音楽大学教授として多方面にわたって日本の音楽界に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリングスハイム
ぷりんぐすはいむ
Ernst Pringsheim
(1859―1917)

ドイツの物理学者ハイデルベルクブレスラウ、ベルリンの大学に学び、1882年学位を取得した。ベルリン大学に勤めたのち、1905年ブレスラウ大学教授となる。放射計の開発、学位論文での太陽赤外線の波長測定実験ののち、一時、塩化水素に関する光化学反応フランス語アクセントなどに関する研究を行い、ふたたび熱輻射(ふくしゃ)の研究に戻った。1897年ルンマーと共同して黒体条件を満たした輻射実験を行い、シュテファンの法則を確証、1899年には長波長領域でウィーンの放射分布則との系統的なずれを発見、翌1900年、新分布則を提案し、プランクによる作用量子の発見の契機を与えた。[兵藤友博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリングスハイムの関連キーワードニューミュンヘンミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・スーパー12ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘン・バレエ団ミュンヘンビール

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone