コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリービエ プリービエ Plievier, Theodor

2件 の用語解説(プリービエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリービエ
プリービエ
Plievier, Theodor

[生]1892.2.12. ベルリン
[没]1955.3.12. スイス,アベーニョ
ドイツの作家。第1次世界大戦中海軍に入り,1918年ウィルヘルムスハーフェンにおける水兵の反乱に参加。 33~45年各地で亡命生活をおくり,最後にはソ連に滞在。 45年帰国。ベルリンやワイマールで活動したが,共産主義の現実に失望,47年に西ドイツに移住した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリービエ
ぷりーびえ
Theodor Plievier
(1892―1955)

ドイツの小説家。ベルリンの労働者の家に生まれる。第一次世界大戦に水兵として従軍。大戦末期に水兵の反乱に加わり、このときの体験からルポルタージュ文学に手を染めた。ナチスの政権獲得後は当時のソ連に亡命し、第二次大戦後旧東ドイツに帰って、兵士たちの報告を基にしたドキュメント小説『スターリングラード』(1945)を発表した。1947年に旧西ドイツに移住。[松本道介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリービエの関連キーワード西ベルリン東ベルリンベルリン青ベルリン映画祭シュターツカペレ・ベルリンベルリン空輸回廊ベルリン・ゲームベルリン州立管弦楽団ベルリンタワーベルリン協定

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone