コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルシャンブルー Prussian blue

翻訳|Prussian blue

色名がわかる辞典の解説

プルシャンブルー【Prussian blue】

色名の一つ。プルシアンブルーとも表記する。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、フェロシアン化鉄を主な成分とする顔料のような濃い青色をさす。1704年にドイツ(プロイセン)とフランスで同時に発見されたため、ベルリンブルー、パリスブルーの別名がある。またフランスの発見者の名をつけたミロリブルー、成分の鉄に由来するアイアンブルーの名もある。主に絵の具の色名として広く使われ、を混ぜるとみを帯びた青になる特徴をもつ。和名の紺青こんじょうが近い色をしており、天然顔料は岩群青いわぐんじょうだが、人工顔料を用いた場合はプルシャンブルーと主成分が同じ。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

プルシャンブルーの関連キーワードフェロシアン化カリウムアイアンブループロイセンプロシア色名

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android