プレカット工法(読み)プレカットこうほう(英語表記)precut system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレカット工法
プレカットこうほう
precut system

在来の木造軸組工法における継手仕口工場機械加工することで,現場での施工の合理化,標準化をはかろうとするもの。継手,仕口の形状は,伝統的形状を機械加工用にアレンジしたものが多く,蟻継ぎ,鎌継ぎ,ほぞがおもなもので,その種類は少い。設計図から直接,木拾い,墨付け,機械加工をする,コンピュータ支援型の設備を備えた工場もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

プレカットこうほう【プレカット工法】

木造住宅などで、施工現場で行っていた部材加工を、あらかじめ工場で機械を用いてしておく工法。大工技術者の不足を補い、工期短縮などの合理化がはかれる。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android