プロシア憲法(読み)プロシアけんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロシア憲法
プロシアけんぽう

1850年1月 31日に成立したプロシアの憲法。 48年に初めてウィルヘルム4世による欽定憲法が制定され,50年その改正憲法が成立,さらにその後 1920年に新共和国憲法が公布された。一般に 1850年の憲法をプロシア憲法という。この憲法は 1831年のベルギー憲法を模範としたもので,国民の権利をある程度保障してはいたが,国王の権限が強大であるのに対して議会は弱く,そのために外見的立憲主義憲法といわれた。大日本帝国憲法に大きな影響を及ぼした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android