コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッブ Hebb, Donald Olding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘッブ
Hebb, Donald Olding

[生]1904.7.22. チェスタ
[没]1985.8.20. ハリファックス
カナダの心理学者。アメリカ合衆国のヤーキズ霊長類生物学研究所(→ヤーキズ)所員を経て,カナダのマギル大学教授。神経生理学の知見に準拠し,細胞集成体およびそれらの位相連鎖などの仮説に基づき,独特の行動理論を展開。主著『行動の機構』The Organization of Behavior(1949),『行動学入門』Textbook of Psychology(1972),『心について』Essay on Mind(1980)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘッブ
へっぶ
Donald Olding Hebb
(1904―1985)

カナダの心理学者。ノバ・スコシア州チェスターの生まれ。1932年マックギル大学で修士をとり、高・小学校の教職についたが重病にかかり、その間ウィリアム・ジェームズ、フロイト、ラシュレーなどの心理学書を読み、アメリカのシカゴ大学のラシュレーのもとで生理学的心理学の研究をする。1936年ハーバード大学で学位をとり、フロリダのヤーキズ霊長類生物学研究所、モントリオールの脳外科医ペンフィールドWilder Graves Penfield(1891―1976)の病院を経て、1947年からマックギル大学心理学教授となる。知覚、記憶、学習、思考などの神経生理学的研究を土台にして包括的な行動理論を提出し、経験の反復は大脳に特殊な循環回路をもつ細胞集成体を生じさせ、それらが位相連鎖をなして知覚や思考を促進させると主張した。著書に『The Organization of Behavior』(1949)、『A Textbook of Psychology』(1972。邦訳名『行動学入門』)、自伝『Focus on Meaning』(1980)などがある。[宇津木保]
『白井常監訳『行動学入門――生物科学としての心理学』改訂版(1970・紀伊國屋書店) ▽D・O・ヘッブ著、白井常他訳『心について』(1987・紀伊國屋書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘッブの関連キーワードジェイムズ オールズヘッブの法則7月22日初期経験形の知覚ヘッブ則知能

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android