コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッブ ヘッブ Hebb, Donald Olding

2件 の用語解説(ヘッブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘッブ
ヘッブ
Hebb, Donald Olding

[生]1904.7.22. チェスタ
[没]1985.8.20. ハリファックス
カナダの心理学者。アメリカ合衆国ヤーキズ霊長類生物学研究所(→ヤーキズ)所員を経て,カナダのマギル大学教授。神経生理学の知見に準拠し,細胞集成体およびそれらの位相連鎖などの仮説に基づき,独特の行動理論を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘッブ
へっぶ
Donald Olding Hebb
(1904―1985)

カナダの心理学者。ノバ・スコシアチェスターの生まれ。1932年マックギル大学で修士をとり、高・小学校の教職についたが重病にかかり、その間ウィリアムジェームズフロイトラシュレーなどの心理学書を読み、アメリカシカゴ大学のラシュレーのもとで生理学的心理学の研究をする。1936年ハーバード大学で学位をとり、フロリダのヤーキズ霊長類生物学研究所、モントリオールの脳外科医ペンフィールドWilder Graves Penfield(1891―1976)の病院を経て、1947年からマックギル大学心理学教授となる。知覚、記憶、学習、思考などの神経生理学的研究を土台にして包括的な行動理論を提出し、経験の反復は大脳に特殊な循環回路をもつ細胞集成体を生じさせ、それらが位相連鎖をなして知覚や思考を促進させると主張した。著書に『The Organization of Behavior』(1949)、『A Textbook of Psychology』(1972。邦訳名『行動学入門』)、自伝『Focus on Meaning』(1980)などがある。[宇津木保]
『白井常監訳『行動学入門――生物科学としての心理学』改訂版(1970・紀伊國屋書店) ▽D・O・ヘッブ著、白井常他訳『心について』(1987・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘッブの関連キーワードちぇすとチェスターAアーサーシッチェスチェスター城GKチェスタートンチェスタの塔マンチェスターテリアウェスタまるきDio チェスタチェスナット (chestnut)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘッブの関連情報