生理学的心理学(読み)せいりがくてきしんりがく(英語表記)physiological psychology

世界大百科事典 第2版の解説

せいりがくてきしんりがく【生理学的心理学 physiological psychology】

心理学的現象と生理学的機構の対応関係を研究する学問であり,19世紀後半の精神物理学実験心理学の確立とともに始まった。ブントはその主著に〈生理学的心理学〉の名を冠した。今日では生理学的心理学はおおまかに心理生理学生理心理学に分けられるとする見方がある。前者は不安や恐怖などの心理的現象を皮膚電気反射脳波筋電図心電図などで調べたりするものであり,後者は薬物投与や脳への刺激によって心理的現象がどう変わるかをみるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生理学的心理学
せいりがくてきしんりがく
physiological psychology

ブント以来となえられてきた名称で、生理学的方法を用い、生理学的知識に基礎を置く心理学。生理学的方法と知識の進歩によって生理学的心理学の内容も大きく変化し、実験心理学との区別も明確になった。とくに神経生理学における電気生理学的方法(動物の脳に挿入された微小電極による電気刺激)の成果が、現在広く取り入れられている。生理学的方法には、大脳損傷や薬物の投与などの生理学的条件の統制と脳波、皮膚電気反射、神経インパルスimpulseなどの生理学的な指標の記録とが含まれる。生理学的心理学と対照的なのは心理学的生理学で、これは生理学の知識とは直接に関係せず、心理学的事象を説明するために生理学的仮説をつくる(たとえば、ケーラーKhlerやヘッブHebbの生理的仮説)。生理学的心理学は現在、神経科学と総称される隣接総合科学のなかで行動に重点を置く一部門となっている。[今井省吾]
『今村護郎編『講座心理学14 生理学的心理学』(1970・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せいりがくてき‐しんりがく【生理学的心理学】

〘名〙 生理学的方法を用いて、生理過程との関連から心理学的事象をとらえ研究する学問の一分野。感覚精神生理学、神経心理学、内分泌心理学などを含む。
※青草(1914)〈近松秋江〉二「生理学的心理学と歩調を揃へてゐる近代の、深い生命の泉から迸り出た芸術に比べて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android