コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘツカシダ Bolbitis subcordata (Copel.) Ching

世界大百科事典 第2版の解説

ヘツカシダ【Bolbitis subcordata (Copel.) Ching】

陰湿な林下の地上または岩上に生えるシダ植物ツルキジノオ科の多年草。鹿児島県大隅半島の辺塚から見つかったのにちなんで,和名がつけられた。常緑性。根茎は短くはい,背腹性があり,葉は上側からのみ出る。根茎と葉柄基部につく鱗片は,黒褐色不透明。葉はやや相接し,2型をなす。栄養葉はやや短い柄をつけ,40~80cm,単羽状。羽片は長楕円状披針形,葉縁は浅い波状縁,頂羽片は長くのびて芽をつけ,葉脈は網状。胞子葉は栄養葉よりも高く,葉柄は長く,羽片は短く狭い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報