コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘテロリシス heterolysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘテロリシス
heterolysis

化学反応において共有結合が切断開裂されるとき,その共有電子対をつくっている2個の電子が,ともに一方の原子または原子団の上に残る場合,その結合開裂の仕方をヘテロリシスという。このような開裂の結果,2個の電子が残ったほうはマイナスに帯電し,他方はプラスに帯電する。すなわち化合物はヘテロリシスにより一般に陰イオンと陽イオンに分解する。この過程によって起る反応がイオン反応であり,溶液内で起る反応の最も普通の型のものである。 (→ホモリシス )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘテロリシスの関連キーワード有機化学反応

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android