コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘノチコン ヘノチコン Henōtikon

1件 の用語解説(ヘノチコンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘノチコン
ヘノチコン
Henōtikon

482年ビザンチン皇帝ゼノが発布した統一勅令。この勅令は第1~3回の公会議の決定を支持し,またキリスト単性説キリスト両性説論争の妥協をはかるものであった。しかし双方から拒否され,またラテン教会の反対を受け,総主教アカキウスとローマ教皇フェリクス3世の対立を生み,互いに破門状を投げつけ,東西両教会の三十余年にわたる分裂 (アカキウスの分裂) の端緒となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘノチコンの関連キーワードビザンチン建築ビザンチン帝国ビザンチン教会ビザンチン様式ビザンツビザンチン式ビザンチン文化ビザンツ建築ビザンツ式ビザンティン皇帝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone