コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘモクロマトージス h(a)emochromatosis

世界大百科事典 第2版の解説

ヘモクロマトージス【h(a)emochromatosis】

鉄代謝の異常により,種々の臓器に大量の鉄沈着を生じる病気。1889年,ドイツの病理学者レックリングハウゼンFriedrich von Recklinghausen(1833‐1910)によって名づけられた。一次性(遺伝性)のものと,二次性のもの(慢性貧血,肝硬変,過剰鉄摂取,輸血などによるもの)に分けられる。10対1で男性に多く,45歳以上で初めて症状が出ることが多い。これは,腸内での鉄の過剰吸収によって,余った鉄の沈着が長期間徐々に進行する結果であり,女性では,生理出血時の鉄喪失により発症が防がれているためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヘモクロマトージスの言及

【肝機能検査】より

…この肝炎は慢性化しやすい。以上のほかに,特殊な肝臓疾患と関連した物質としてウィルソン病の診断をするため血清セルロプラスミン,ヘモクロマトージスに対しては血清鉄濃度および血清不飽和鉄結合能,原発性胆汁性肝硬変の診断に抗ミトコンドリア抗体,肝臓癌の診断には血清α‐フェトタンパクの測定が行われている。肝炎
[肝障害に伴う非特異的生体反応物質の測定]
 慢性肝炎や肝硬変では血清中の免疫グロブリン濃度が増大することが知られている。…

【肝腫大】より

…とくに心臓弁膜症では右心不全を合併するときは,肝腫大が著しく圧痛がみられる。種々の代謝性肝臓疾患,たとえば,鉄蓄積によるヘモクロマトージス,アミロイド蓄積によるアミロイドーシス,グリコーゲンによる糖原病などでも肝腫大がみられる。そのほか,伝染性単核症,日本住血吸虫症などで肝脾腫が現れる。…

※「ヘモクロマトージス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android