コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリコプリオン ヘリコプリオンHelicoprion

3件 の用語解説(ヘリコプリオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリコプリオン
ヘリコプリオン
Helicoprion

軟骨魚綱サメ目の化石で,本体は不明。この化石は頭上にあって武器の役目をした棘ではないかという説と,歯であるという2説がある。ペルム紀の地層から産出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘリコプリオン【Helicoprion】

軟骨魚綱に属する1属。あごの縫合部に渦巻形の歯列をもっている。古生代の終りの二畳紀の地層から発見されており,日本でも群馬県などで発見されている。分類学上の位置については問題があり,板鰓(ばんさい)亜綱に入れる学者と全頭亜綱のエデスタス目に入れる学者がありまだ決着がついていない。渦巻形の歯列の歯の切縁はのこぎりの歯のような鋸歯縁になっており,長い歯根がある。全体としてどのような形の魚であったかは不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘリコプリオン
へりこぷりおん
[学]Helicoprion

軟骨魚綱エウジェネオドゥス目アガシゾドン科ヘリコプリオン属の魚類。渦巻形の歯列がシベリアカナダアメリカなど世界各地の古生代ペルム紀(二畳紀)の地層から発見されている。日本では群馬県みどり市東町花輪(あずまちょうはなわ)と宮城県気仙沼(けせんぬま)市から発見されている。渦巻形の歯列からさまざまな復原像が考えられているが、あごの縫合部に発達したものと考えられている。[籔本美孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone