コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリコプリオン ヘリコプリオン Helicoprion

3件 の用語解説(ヘリコプリオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリコプリオン
ヘリコプリオン
Helicoprion

軟骨魚綱サメ目の化石で,本体は不明。この化石は頭上にあって武器の役目をした棘ではないかという説と,歯であるという2説がある。ペルム紀の地層から産出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヘリコプリオン【Helicoprion】

軟骨魚綱に属する1属。あごの縫合部に渦巻形の歯列をもっている。古生代の終りの二畳紀の地層から発見されており,日本でも群馬県などで発見されている。分類学上の位置については問題があり,板鰓(ばんさい)亜綱に入れる学者と全頭亜綱のエデスタス目に入れる学者がありまだ決着がついていない。渦巻形の歯列の歯の切縁はのこぎりの歯のような鋸歯縁になっており,長い歯根がある。全体としてどのような形の魚であったかは不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘリコプリオン
へりこぷりおん
[学]Helicoprion

軟骨魚綱エウジェネオドゥス目アガシゾドン科ヘリコプリオン属の魚類。渦巻形の歯列がシベリアカナダアメリカなど世界各地の古生代ペルム紀(二畳紀)の地層から発見されている。日本では群馬県みどり市東町花輪(あずまちょうはなわ)と宮城県気仙沼(けせんぬま)市から発見されている。渦巻形の歯列からさまざまな復原像が考えられているが、あごの縫合部に発達したものと考えられている。[籔本美孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘリコプリオンの関連キーワード下顎骨硬骨魚類脊椎動物軟骨魚類板鰓類上顎エイ(鱝∥鱏)棘魚類全頭類メッケル軟骨

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone