コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルモゲネス ヘルモゲネスHermogenēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルモゲネス
Hermogenēs

前 150年頃に活躍したギリシアの建築家。ヘレニズム時代のイオニア式建築の主唱者。テオスのディオニュソス神殿やマグネシアアルテミス神殿などが彼に帰されている。主著に造形理論を述べた"Progymnasmata"がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルモゲネス【Hermogenēs】

前2世紀に活躍したヘレニズム期ギリシアの建築家。生没年不詳。プリエネあるいはアラバンダの出身といわれる。テオスのディオニュソス神殿,マグネシアのアルテミス神殿,プリエネのアテナ神殿の祭壇等を建てた。ウィトルウィウスは〈イオニア式オーダー〉の比例の創始者とする。ウィトルウィウスがその著書に引用したため,ルネサンスから現代に至るまで,ギリシアの最も重要な建築家の一人とみなされている。【堀内 清治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヘルモゲネスの言及

【建築家】より

…この建物は,古代エジプトにおいてもすでに不滅の傑作と見なされていたようで,イムヘテプはやがて神格化され,建築家の守護神と見なされた。古代ギリシアでは,サモスのヘラ神殿を建て,それについて最古の建築書を書いた前6世紀の建築家サモスのテオドロスTheodōros,前5世紀にアテナイのアクロポリスの再建計画で活躍したイクティノスカリクラテスムネシクレス,疑似二重周柱式イオニア神殿の考案者である前2世紀のプリエネの建築家ヘルモゲネスが著名である。ヘルモゲネスの建築書は,建造物のつくり方に数学的法則性を与えたものとして知られ,ローマの建築家たちに大きな影響を与えた。…

※「ヘルモゲネス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘルモゲネスの関連キーワードテルトゥリアヌスプラヌデス

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android