ヘロディアノス(英語表記)Hērōdianos, Ailios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヘロディアノス」の解説

ヘロディアノス
Hērōdianos, Ailios

2世紀後半のギリシアの文法学者。アレクサンドリア出身。アポロニオス・デュスコロスの子。ギリシア語アクセントを,約6万語について研究した『アクセント大全』 Katholikē Prosōidia (21巻) の著者。彼の所説はビザンチン時代の文法家によって継承され,今日もなお踏襲されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ヘロディアノス」の解説

ヘロディアノス【Hērōdianos】

2世紀後半にローマで活躍した,アレクサンドリア出身の古代ギリシアの文法学者。生没年不詳。アポロニオス・デュスコロスの息子。アリスタルコスを頂点とするアレクサンドリア学派の文法研究の成果を総括した20巻から成る大著を著し,古代ギリシア語のアクセント規則と音節の長短を詳細に論じた。この大著そのものは残っていないが,後世の抜粋や摘要によってその内容の一部は現在まで伝えられている。【片山 英男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘロディアノスの言及

【プリスキアヌス】より

…それまでの文法書が取りあげなかった構文論に2巻を割いているのが大きな特徴である。本の構成および記述はアポロニオス・デュスコロスとその息子ヘロディアノスの共著《ギリシア語文法論》に多くを負っている。キケロ,ウェルギリウス,ホラティウスら古典期の作家の文例を豊富に収録し,中世を通じて広範囲にわたって利用された。…

※「ヘロディアノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android