ヘンリー7世(読み)ヘンリーななせい(英語表記)Henry VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリー7世
ヘンリーななせい
Henry VII

[生]1457.1.28. ペンブルック城
[没]1509.4.21. リッチモンド
イギリス,チューダー朝初代のイングランド王(在位 1485~1509)。父はリッチモンド伯エドマンド・チューダー,母はマーガレット・ボーフォート。1471年以後叔父ジャスパーとともにブルターニュに亡命。1485年8月帰国し,ランカスター家の長として国王リチャード3世ボズワースの戦いで敗死させ,1485年10月戴冠。ヨーク家エドワード4世の長女エリザベスと結婚し,バラ戦争に終止符を打った。治世の初期にはヨーク派の残党やランバート・シムネル,パーキン・ウォーベックらの陰謀に悩まされたが,これらを抑えた。外交面では政略結婚で平和の維持に努め,内政面では旧貴族の勢力を減じる官僚制度の整備,国事犯の取り締まり強化策としての星室裁判所の設置,増税,新税による王室独自の財政の確保,商工業に対する保護奨励など,チューダー朝絶対主義体制の基礎を固める重責を果たした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヘンリー7世

生年月日:1457年1月28日
チューダー朝初代のイングランド王(在位1485〜1509)
1509年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘンリー7世の関連情報