コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星室裁判所 せいしつさいばんしょ Star Chamber

翻訳|Star Chamber

3件 の用語解説(星室裁判所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星室裁判所
せいしつさいばんしょ
Star Chamber

イギリス絶対王制期の刑事特別裁判所大権裁判所の一つ。ウェストミンスター宮殿の「星の間」で開かれたことからこの名が生じた。その起源は 14世紀初めにさかのぼり,国王の顧問会議から裁判機能が分離して成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

星室裁判所【せいしつさいばんしょ】

スター・チェンバー裁判所Court of Star Chamberの訳。星室庁,星法院とも。英国のウェストミンスター宮殿の〈星の間〉で開かれた,主として刑事の特別裁判所

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいしつさいばんしょ【星室裁判所 Court of Star Chamber】

イギリスで,中世末から裁判を含む国政一般の重大問題を討議する国王評議会が宮殿内の〈スター・チェンバー〉つまり〈星の間〉で開催されていたことから,ここで開催される裁判のための会議体が漸次星室裁判所といわれだしたものと思われる。制度的に整うのは1540年前後である。星室裁判所は当時国政の中心であった枢密院の裁判所としての機能を担い,ほとんど同一の構成員から成っていた。陪審を用いないなどコモン・ロー訴訟手続とは違った糾問主義職権主義的手続で,各種裁判所の後見的機能,騒擾・裁判所侮辱・陪審の不正・文書誹毀(ひき)・未遂など当時のコモン・ローが処罰しえなかった犯罪の裁判,国王布告違反の処罰など,主として刑事裁判権を行使し,死刑は科すことができなかったが,重い罰金と投獄などで罰した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の星室裁判所の言及

【イギリス】より

…メディア統制の主流は自主規制であり,新聞については〈プレス苦情処理委員会〉が読者の批判について調査し,メディアに対する勧告を行っている。 チューダー,スチュアート絶対王政は,印刷・出版業者をギルド(ステーショナーズ・カンパニー)に組織して自己規制させ,星室裁判所に言論統制をゆだね,原則として定期的な国内ニュース伝達媒体を容認しなかった。しかし,庶民院議員が議事の要旨をまとめて選挙区有力者に送る手書新聞news‐letterは,すでにエリザベス時代から慣行化し,17世紀には専門業者も出て印刷されるようになっている。…

※「星室裁判所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

星室裁判所の関連キーワードイギリス革命海峡植民地軍法会議イギリスオランダ戦争国政イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリスの名車Miniバースデーの日イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone