コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベアフット ベアフット barefoot

翻訳|barefoot

2件 の用語解説(ベアフットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ベアフット(barefoot)

素足。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベアフット
べあふっと
barefoot

水上スキーの一種。裸足(ベアフット)の状態を水上スキー用の板に見立て、モーターボートに取り付けたロープをつかんで曳航(えいこう)されながら水面を滑る。ベアフッティングbarefooting、ベアフットスキーbarefoot skiing、ベアフットウォータースキーbarefoot water skiingなどとよばれる。足の裏は板より表面積が小さいため、浮力を維持するために通常の水上スキーよりも速い時速60~70キロメートルというスピードが必要であり、また曳航するボートの運転手にも操縦のこつが必須である。必要な曳航速度は、体重から割り出すことができる。水面を滑るプレーヤーは、浮力を増すパッド入りのウェットスーツを着用し、裸足のままつまさきを上に向け、かかとを水中に少し沈めた直立状態の姿勢を保ちながら滑る。
 アメリカで1940年代後半に始まったスポーツで、競技会はトリックtricks、スラロームslalom、ジャンプjumpの3種目が行われている。これらはオリンピックにない競技で構成されるワールドゲームズの正式種目となっている(水上スキー競技のなかの種目)。トリック競技はターンやジャンプ、片足をロープに絡めて横回転するトゥターンなどの回転技術を駆使して難易度を競い合う競技である。スラロームは指定されたポイントをジグザグ走行しながら正確に通過し、ゴール地点までの速度を競う。ジャンプは勢いをつけてジャンプ台を通過して空中に跳び、その飛距離を競う。ジャンプはもっとも人気がある種目であり、トッププレーヤーは25メートル以上もジャンプする。これらの主要競技のほか、長距離レースの大会も行われている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベアフットの関連キーワードカービングスキースキーパラグライダーファンスキー水上スキー板スキーハンドル国際水上スキー連盟ワンスキーツースキーコンビネーションスキートリックスキー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベアフットの関連情報