コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベタイン betaine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベタイン
betaine

(1) (CH3)3N+CH2COO- の化学式で表わされる化合物。広く動植物界に分布する。潮解性の鱗片晶または角柱晶。水のほかにアルコールにもよく溶けるが,エーテルには難溶。水から再結晶すると水化物となり,100℃に加熱するともとに戻る。グリコチアミンと結合させて,筋力低下の治療薬とする。このほか,アスパラギン酸と結合させて消化不良,肝臓障害などの治療薬とし,またその塩酸塩は脂肝防止薬として用いられる。 (2) 広義には1つの分子中に第四アンモニウム陽イオンと,カルボキシレートなどの陰イオンをもった分子内塩に対する一般名。一般塩類と同様に高融点または高分解点の結晶となる。極性なので水溶性である。多くのベタインは植物,動物の組織中に存在するが,アミノ酸のアルキル化またはハロゲン置換カルボン酸と第三アミンとの反応によっても合成される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のベタインの言及

【クコ(枸杞)】より

…葉を枸杞葉(くこよう),果実を枸杞子,根の皮を地骨皮(じこつぴ)という。いずれもベタインbetaineを含み,強壮薬として葉は枸杞茶に,果実は他の生薬と配合して高血圧,めまい,肝臓疾患,貧血,腰ひざの疼痛(とうつう)などの治療に用い,一方,地骨皮も他の生薬と配合して解熱強壮薬として,咳嗽(がいそう),吐血,多汗などの療法に応用される。果実はまた酒につけて枸杞酒として使われ,不老長寿,強精の効があるという。…

※「ベタイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベタインの関連キーワードホモシスチン尿症カルニチンサルコシンクコの実合成洗剤カニエビ貝柱クコ