コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッキオ宮殿 ベッキオキュウデン

2件 の用語解説(ベッキオ宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ベッキオ‐きゅうでん【ベッキオ宮殿】

Palazzo Vecchio》イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェにある宮殿。シニョリーア広場に面し、ウフィツィ美術館に隣接する。14世紀初頭、フィレンツェ共和国の政庁舎として建造されたゴシック様式の建物で、高さ94メートルの鐘楼をもつ。16世紀にメディチ家のコジモ1世により、一部ルネサンス様式に改築された。ベロッキオミケランジェロの彫刻、バザーリの壁画がある。現在はフィレンツェ市庁舎。1982年、「フィレンツェ歴史地区」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベッキオきゅうでん【ベッキオ宮殿】

イタリア北部の都市フィレンツェ(Firenze、〈英〉Florence)の中心部、シニョリーア広場にある、高さ94mの塔を持ったゴシック様式の宮殿。1299~1314年にかけて建設され、フィレンツェ共和国時代の政庁として使用され、トスカーナ大公国時代には領主(大公)の居城となった。現在は、フィレンツェ市の市役所として使用されている。現在残っている宮殿の装飾は、ウフィツィ美術館や、ヴァザーリの回廊などを建設したコジモ1世(初代のトスカーナ大公、1519~1574年)時代のものである。宮殿内にある、共和国時代に議場として使われていた「五百人広間」には、ジョルジョ・ヴァザーリと弟子たちの作品「シエナ攻略」、「ピサ攻略」がある。この2つの作品のある壁は、1503年、レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロに同時期に絵画が発注され、二大巨匠の対決が大きな話題になったことで知られる。結局、両作品とも未完に終わり、メディチ家お抱えのヴァザーリらの絵が壁を飾ることになったという経緯がある。◇現地名は「Palazzo Vecchio」。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ベッキオ宮殿の関連キーワードベッキオ宮殿ベッキオ橋赤の宮殿コスタビリ宮殿コルシーニ宮殿コロンナ宮殿白の宮殿スパーダ宮殿スピノーラ宮殿ソリアーノ宮殿

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベッキオ宮殿の関連情報