ベニコウジカビ(読み)べにこうじかび

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニコウジカビ
べにこうじかび
[学]Monascus

子嚢(しのう)菌類、核菌類コウジカビ目ベニコウジ属のカビをいう。おもな種にベニコウジカビM. purpureus、モナスカス・バルケリM. barkeriがある。この属のカビは、菌糸に隔膜があり、分岐しながら伸長する。培養が長くなると、集落(コロニー)は赤色色素を生産し、全体が鮮紅色または紫色を呈するようになる。閉子嚢殻は菌糸の先端に形成され、その中に球形の子嚢をもつ。子嚢の中には8個の楕円(だえん)形の子嚢胞子ができる。無性生殖は菌糸側に分生胞子柄(分生子柄)をつくり、先端に2、3個連鎖した分生胞子を形成する。学名はmono(単一)、ascus(子嚢)の合成語で、子嚢殻中の子嚢壁が溶解消失すると、子嚢殻中にはただ一個の子嚢が含まれているようにみえることによる。中国やマレー諸島では、ベニコウジカビを用いて紅酒(アンチウ)やサムツsamzu酒をつくる。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android