コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス1世 ベネディクツスいっせいBenedictus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス1世
ベネディクツスいっせい
Benedictus I

[生]?. ローマ
[没]579.7.30. ローマ
ローマ出身の第62代教皇在位 575~579)。生涯に関する記録は少ない。574年7月のヨハネス3世(在位 561~574)の死後,まもなく教皇に選出されたと考えられるが,575年6月まで登位できず,ローマ教皇庁の教皇不在期間は約 11ヵ月間に及んだ。21人の司教を叙階しており,叙階した助祭の一人はのちの教皇グレゴリウス1世(在位 590~604)である。また,サン・マルコ修道院のステファヌス院長に,ミントゥーロ近くのマッサ・ベネリスという土地を与えた。在位中は,ランゴバルド族による侵略があり,飢饉,伝染病,テベレ川の氾濫も発生し,悲惨な時代であった。相次ぐ災禍の事後処理にあたっていたとき,ランゴバルド族にローマが包囲され,そのさなかに死亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベネディクツス1世の関連キーワードヨハネス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android