コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス3世 ヨハネスさんせいJohannes III Ducas Vatatzes

2件 の用語解説(ヨハネス3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス3世
ヨハネスさんせい
Johannes III Ducas Vatatzes

[生]1193
[没]1254.11.3. ニムファエウム
ニカイア帝国皇帝 (在位 1222~54) 。ヨハンネス (ヨアンネス) 3世とも呼ばれるテオドルス1世の娘イレネの夫で,義父の死後即位。帝国領を2倍にし,ビザンチン復興の基礎を築いた。ラテン帝国と戦ってポイマネノンで勝利し (1225) ,レスボスキオスロードスの諸島ならびにバルカン半島アドリアノープルを帝国領とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヨハネス3世
ヨハネスさんせい
Johannes III

[生]?. ローマ?
[没]574.7.13. ローマ
ローマ出身の第61代教皇(在位 561~574)。本名は Catelinus と考えられている。ヨハネス3世の教皇職に関する記録は,568年に始まったランゴバルド族イタリア侵攻の時期に破棄されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨハネス3世の関連キーワード大空位時代サラディン曾我兄弟工藤祐経曾我祐成平時家源範頼安田義資工藤祐経サラディン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone