コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テベレ川 テベレがわFiume Tevere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テベレ川
テベレがわ
Fiume Tevere

古代名ティベリス Tiberis,英語ではティベル (ティバー) Tiber。イタリア中部を流れる川。全長 405km。アペニン山脈中部,フマイオロ山付近に源を発し,ローマ市街を貫流してチレニア海に注ぐ。河口はローマ南西約 27kmのオスティアへ出る本流のものと,フィウミチノ近くの人工河口と2つある。河口 (オスティア) からローマまで航行可能。ローマ市内では,両岸に観光の対象である遺跡,建築物が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

テベレ‐がわ〔‐がは〕【テベレ川】

Tevere》イタリア中部の川。アペニン山脈に源を発し、ローマを貫流してティレニア海に注ぐ。長さ406キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テベレ川
てべれがわ
Tevere

イタリア中部を流れる川。古名ティベリス川Tiberis、英語名タイバー川Tiber。全長405キロメートルで、ポー川、アディジェ川に次いで同国第3位。流域面積1万7769平方キロメートルはポー川に次ぐ第2位。アペニン山脈のフマイオーロ山麓(さんろく)に源を発し、トスカナ、ウンブリア州境のティベリーナ渓谷を経てウンブリア州を貫流する。ラツィオ州との境界でネーラ川の水を集め、ローマの市街地を通過して、オスティアとフィウミチーノの二つの河口からティレニア海に流れ込む。古代ローマの港町として栄えたオスティアにはその遺跡が残る。
 支流を含めて水力発電のための利用価値はきわめて高い。また、中流域のウンブリア州では、灌漑(かんがい)用水としても盛んに利用される。川によって運ばれる膨大な土砂の堆積(たいせき)によって、2500年間に約4キロメートル、河口が海に向かって前進した。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テベレ川の関連キーワードセルギウス・パウルスオスティアアンティカアンクス・マルキウスホラチウス・コクレスクロアカ・マクシマビラファルネジーナウンブリア[州]アウェンチヌス丘バチカン[市国]サンタンジェロ城サンタンジェロ橋ローマ(都市)タブラ・ヘバナティベリーナ島サンセポルクロトラジメーノ湖マクセンチウスアラ・パキスローマ[市]パラチヌス丘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テベレ川の関連情報