コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス6世 ベネディクツスろくせいBenedictus VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス6世
ベネディクツスろくせい
Benedictus VI

[生]?. ローマ
[没]974.7. ローマ
ローマ出身の第134代教皇在位 973~974)。教皇ヨハネス13世(在位 965~972)の没後,助祭枢機卿(→カーディナル)を務めていたときに教皇に選出された。庇護者であった神聖ローマ皇帝オットー1世(在位 962~973)の裁可を待ったため,教皇登位は遅れた。973年にオットー1世が死去したのちは,有力貴族クレスケンチウス家の言いなりとなった。974年6月にサンタンジェロ城に幽閉され,教皇位には対立教皇ボニファチウス7世(在位 974,984~985)となる助祭フランコが据えられた。クレスケンチウス家の命令を受けたフランコにより絞殺されたとみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベネディクツス6世の関連キーワードヨハネス15世(16世)ボニファチウス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android