コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベヒスタン ベヒスタンBehistūn

3件 の用語解説(ベヒスタンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ベヒスタン(Behistūn)

イラン西部、ザグロス山脈中部の小村。ケルマーンシャーの東方にある。アケメネス朝ペルシアのダレイオウス1世時代の浮き彫りと碑文の刻まれた岩山があり、楔形(くさびがた)文字解読のもとになった。2006年、碑文を含む磨崖(まがい)全体が世界遺産文化遺産)に登録された。ビーソトゥーンビストゥンビヒストゥンベヒストゥン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベヒスタン
べひすたん
Behistan

イランのケルマーンシャー東方約30キロメートルにある村。ビストゥンBstnともビヒストゥンBihistnともいう。古代のバグダードとラゲスを結ぶ街道上にあり、近くにベヒスタンの碑文が刻まれた岩山がある。ベヒスタンという名はアラブの地誌家ヤークートの記録したバヒストゥーンに基づくもので、1837年碑文を解読したイギリスのH・ローリンソン以来ヨーロッパで使われている。近世ペルシア語の呼称ビーソトゥーンBsotnはバヒストゥーンの縮約形で「巨大な岩柱のある」とか「柱のない」と俗解されているが、古代ペルシア語のバガスターナ「神祭の場」、ギリシア語写音バギスタノスに由来すると考えられる。岩山の絶壁には古代ペルシア語、エラム語、バビロニア語によるダリウス1世の戦勝碑文がある。頂上には先史時代の洞穴があり、麓(ふもと)には泉があるため、この大岩塊が神祭の場とされたらしい。祭神はアフラ・マズダーあるいは戦神ミトラ(ミスラ)であったと考えられる。12世紀の詩人ニザーミーの『ホスローとシーリーン』の舞台にもなった。[井本英一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のベヒスタンの言及

【ビストゥン】より

…イラン西部,ケルマンシャーの東32kmにある村。その名は北側にそびえる山の古名バガスターナ(〈神の座〉の意)に由来し,ベヒスタンBehistan,ビヒストゥンBihistūnとも呼ばれる。有名なダレイオス1世の碑文は約70mの高所の切り立った岩壁に刻まれているが,そのふもとには旧石器時代の洞窟遺跡,メディア期に想定される祭祀遺跡と城砦跡,セレウコス朝時代のヘラクレス像,パルティアのミトリダテス2世とゴタルゼス2世の浮彫がある。…

※「ベヒスタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone