ベラプロストナトリウム製剤(読み)ベラプロストナトリウムセイザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

ベラプロストナトリウム製剤

製品名
ドルナー(アステラス製薬、東レ)
プロサイリン(科研製薬)
ベラプロストNa(アルフレッサファーマ、大原薬品工業、共和薬品工業、沢井製薬、シオノケミカル、第一三共エスファ、第一三共、東和薬品、日本ジェネリック、ファイザー、富士フイルムファーマ、陽進堂)
ベラプロストナトリウム(長生堂製薬、日本ジェネリック)

 血管の内側の細胞を保護し、血液の流れをよくする作用があり、慢性動脈閉塞症へいそくしょうによる潰瘍かいよう痛み冷感原発性肺高血圧症の治療に使用されます。


発疹ほっしん、出血傾向、ショック、失神、意識消失、狭心症、心筋梗塞、間質性肺炎、肝機能障害がおこることがあります。このような症状がおこったときは服用を止め、すぐ医師に相談してください。


②頭痛、吐き気、下痢、上腹部痛、食欲不振、顔面紅潮、ほてり、のぼせ、動悸どうき、肝機能異常、胸痛、めまい、ねむけ、振戦、倦怠感けんたいかんなどが現れることがあります。このような症状が現れたときには、医師に相談してください。


①錠剤で、1日3回、食後の服用が原則です。1回の使用量や服用時間などについては、医師・薬剤師の指示を守ってください。


②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。とくに、妊婦、妊娠している可能性のある人、血友病の人、出血している人(毛細血管脆弱症ぜいじゃくしょう喀血かっけつ・上部消化管出血など)には使用しません。


③出血しやすい体質の人、月経期間中の人は服用量を増減するなどの対策が必要なこともあるので、必ず医師に報告してください。


④ほかの薬を服用している人、抗凝血剤、抗血小板剤、プロスタグランジン製剤などを服用している人は、あらかじめ必ず医師に報告してください。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

関連語をあわせて調べる