コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベランジュ ベランジュBellange, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベランジュ
Bellange, Jacques

[生]1575頃.ナンシー?
[没]1616
フランスの画家,版画家。ナンシーで 1602~16年に制作したことが確認されている。ロレーヌ公シャルルの命で,02年より公の館の「鹿の間」の壁画 (現在はない) をローマ史に基づいて制作。 11年これを完成後,「ギャルリー・ヌーブ」にも従事。 20世紀になってから,現在かなりの量が保存されている素描,版画類 (ルーブル美術館版画室,ウィーンアルベルト版画美術館エルミタージュ美術館) によって注目されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベランジュ【Jacques de Bellange】

17世紀フランスの画家,エッチングの版画家。生没年不詳。ナンシーに生まれる。1602‐16年ころまで版画制作およびロレーヌ公の宮廷の室内装飾,肖像画を手がけたが,47点の版画のほか数点の油彩画が現存するのみである。修業時代にパルミジャニーノなど国際マニエリストたちの影響を受け,宮廷趣味の洗練された優雅な様式をもつ。明暗を駆使した巧みなエッチング技法,独特の歪曲する形態表現を用い,宗教的主題を扱いながらも幻想的な画像を創出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベランジュの関連キーワードH. ギマール