コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルナルドゥス[クレルボー] Bernardus Claravallensis; Bernard de Clairvaux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルナルドゥス[クレルボー]
Bernardus Claravallensis; Bernard de Clairvaux

[生]1090. ディージョン,フォンテーヌ
[没]1153.8.20. クレルボー
フランスの神秘家,修道院改革者。聖人 (祝日8月 20日) 。教会博士。ベルナールとも呼ばれる。貴族出身。 1112年同族 30人を伴ってシトー会に入会。 15年クレルボー修道院を創設して院長となり,説教,著述のほか修道院組織などを通じて,全ヨーロッパに絶大な影響を与え,45年第2回十字軍を起した。アウグスチヌスに基づく謙遜の神学に立ち,当代の主知的傾向に反対し,P.アベラールやジルベールとの論争は有名。主著『神の愛について』 De diligendo Deo (1126) ,『恩恵と自由意志』 De gratia et libero arbitrio (27) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベルナルドゥス[クレルボー]の関連キーワードジヤール朝賀茂神社雲仙岳災害対策基金聖護院秦檜藤原顕輔アサッシン菊万荘西園寺家詞花和歌集

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android