コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンソン ベンソン Benson, Edward White

3件 の用語解説(ベンソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンソン
ベンソン
Benson, Edward White

[生]1829.7.14. バーミンガム
[没]1896.10.11. チェシャーハーデン
イギリスカンタベリー大主教ケンブリッジのトリニティ・カレッジに学ぶ。 1883年よりカンタベリー大主教。熱心なトーリー党員となって,国教会主義を支持。古代キリスト教思想家キプリアヌスに傾倒。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベンソン
ベンソン
Benson, Sir Frank Robert

[生]1858.11.4. ハンプシャー,オールスフォード
[没]1939.12.31. ロンドン
イギリスの俳優。 1882年アービング一座でデビュー,翌年劇団を結成。その後約 50年間ロンドンや地方で巡業し,シェークスピアのほとんど全作品を上演した。ハムレット,コリオレイナス,リア王などの演技で有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンソン
べんそん
George Benson
(1943― )

アメリカのギタリストボーカリストピッツバーグ生まれる。ジャズ・ギタリストとして活躍したのち、1970年代にポップ・ボーカリストとして世界的な人気を博した。
 10代のなかばから地元のバンドで歌とギターを担当し、その後、19歳でジャック・マクダフJack McDuff(1926―2001)のカルテットに参加する。マクダフはジミー・スミスと同じく、モダン・ジャズにおけるハモンド・オルガン演奏の道を拓いたミュージシャンで、肩の凝(こ)らないダンス・ミュージックで人気があった。
 ジャズはビ・バップ期を経て、1950年代から1960年代になると、ジョン・コルトレーンに代表される、じっくりと聴くための音楽と、踊ったり気軽に楽しむためのものとに分かれる傾向が顕著になった。前者は、特に非黒人を含めたジャズ愛好者によって芸術的に高く評価され、反対に後者は黒人たちには身近な音楽として親しまれてはいても、「俗っぽい音楽」として下位にみなされることがしばしばだった。マクダフらのオルガンによるジャズもこの後者の範疇に入り、ここからはノリのいいファンキー・ジャズや、ラムゼイ・ルイスRamsey Lewis(1935― )の『ジ・イン・クラウド』(1965)のようなポップ・ジャズの大ヒットが生まれた。ベンソンも基本的にこの系譜に位置するジャズマンである。
 ギタリストとしてのベンソンは、ジャズ・ギターの改革者の一人、ウェス・モンゴメリーが亡くなったことで、1960年代の終わりからモンゴメリーの後を継ぐプレイヤーとして、ロックやソウル・ミュージックの影響を受けたポップ・ジャズ・アルバムを作っていた。しかし最大の転機は、1976年、ワーナー・ブラザーズに移籍して作ったアルバム『ブリージン』である。題名のとおり「そよ風が吹いているような心地よさ」を目指したこのアルバムは、レオン・ラッセルLeon Russell(1941―2016)の名バラード「ジス・マスカレイド」のカバー曲を中心として、ジャズ・ミュージシャンがポップ・マーケットで売れるためにはどのように「ジャンルの垣根」を乗り越えればいいのか、という問いに答えを出した。同アルバムはアルバム・チャート1位となり、同年のグラミー賞(ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス部門)も獲得するアルバムとなった。ベンソンはこの成功をきっかけにして、1980年の『ギヴ・ミー・ザ・ナイト』にみられるように、ギターを抱え穏やかな歌をうたうボーカリストへと変身した時期もあった。
 1970年代、ベンソンのように「ジャンルの垣根」を越えようと試みたアーティストは多く出現した。すでに1960年代からジャズとポップの境界線上で活躍していたクインシー・ジョーンズはむろんのこと、デビッド・フォスターDavid Foster(1949― )、ジョージ・デュークGeorge Duke(1946―2013)、ハービー・ハンコックなどはその一部で、ベンソンと同じギタリストとしてはブルース系のコーネル・デュプリーCornell Dupree(1942―2011)、ベンソンと一緒に活動していたアール・クルーEarl Klugh(1954― )、クルセイダーズから独立したラリー・カールトンLarry Carlton(1948― )などがいる。彼らは「クロスオーバー」や「フュージョン」と呼ばれた新しいポップ・ジャズ、あるいは「MOR」(ミドル・オブ・ザ・ロード。ロックやジャズといったジャンルにとらわれない聞きやすい音楽)と称された新しいイージー・リスニング・ミュージックの流れを築いたミュージシャンだった。[藤田 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベンソンの関連キーワードニューハンプシャー種ニューハンプシャーハンプシャーウオッシャーポンプジャンプシートホテル・ニューハンプシャーニューハンプシャー[州]ニュー・ハンプシャー[種]ハンプシャー[種]ハンプシャー・ダウン[種]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベンソンの関連情報