コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーブ城 ベーブジョウ

2件 の用語解説(ベーブ城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ベーブ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ベーブ城】

Château de Vêves》ベルギー南東部、ナミュール州、ディナンの近郊にある城。アルデンヌ地方の古城の一つとして、観光客が数多く訪れる。15世紀に、五つの円塔が特徴的な現在の姿になり、17世紀から18世紀にかけて内部が改造された。城主はリドケルク=ボフォール家。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベーブじょう【ベーブ城】

ベルギー南東部、ワロンアルデンヌ地方に点在する古城群の一つ。5つの円塔を持つ特徴的な城郭で、多くの観光客が訪れる古城の一つである。ナミュール州の都市ディナン(Dinant)から約8kmの小高い丘の上に建つ。最寄りの鉄道グレンロンセレ(Glenron Celles)駅からは約2kmの場所にある。その起源は、フランク王国ピピン2世が7世紀後半に築いた城館にさかのぼる。その後、1220年にこの一帯を治めた地方領主のボフォール家によって再建され、15世紀にはほぼ現在の城の原型ができあがり、18世紀にリドケルク=ボフォール家の居城となってから、現在残っている外観がつくられた。内部には、18世紀の地方領主の生活をうかがわせる調度や装飾が残っている。ベーブ城の向かいの小さな山の上にはノワジー城がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーブ城の関連キーワードアルロンスパーアンヌボア城フレイエル城モダーブ城ラボーサンタンヌ城ブービエ・デ・アルデンヌアルデンヌ山地ベルギー輓馬 (Belgian Draught)アルデンネ種 (Ardennes, Ardennais)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone