コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーブ城 ベーブジョウ

デジタル大辞泉の解説

ベーブ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ベーブ城】

Château de Vêves》ベルギー南東部、ナミュール州、ディナンの近郊にある城。アルデンヌ地方の古城の一つとして、観光客が数多く訪れる。15世紀に、五つの円塔が特徴的な現在の姿になり、17世紀から18世紀にかけて内部が改造された。城主はリドケルク=ボフォール家。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベーブじょう【ベーブ城】

ベルギー南東部、ワロンアルデンヌ地方に点在する古城群の一つ。5つの円塔を持つ特徴的な城郭で、多くの観光客が訪れる古城の一つである。ナミュール州の都市ディナン(Dinant)から約8kmの小高い丘の上に建つ。最寄りの鉄道グレンロンセレ(Glenron Celles)駅からは約2kmの場所にある。その起源は、フランク王国のピピン2世が7世紀後半に築いた城館にさかのぼる。その後、1220年にこの一帯を治めた地方領主のボフォール家によって再建され、15世紀にはほぼ現在の城の原型ができあがり、18世紀にリドケルク=ボフォール家の居城となってから、現在残っている外観がつくられた。内部には、18世紀の地方領主の生活をうかがわせる調度や装飾が残っている。ベーブ城の向かいの小さな山の上にはノワジー城がある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ベーブ城の関連キーワードシャトークレーブの奥方バイシャーリーウェーサク祭グルニエデュビヤールバシュラールラファイエット夫人アゼールリドー城アンジェ城

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android