コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペアン Péan, Jules Émile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペアン
Péan, Jules Émile

[生]1830.11.29. シャトーダン
[没]1898.2.5. パリ
フランスの外科医。外科,婦人科の領域で数々の近代的な手術法を創案した人。 1860年に子宮の線維腫の摘出法を考案,79年,初めてヒトで幽門切除を行い,80年に脾臓摘出術に成功した。彼の名は,患者の体を低位におき,術者が患者の両足の間の,高い椅子に掛けて手術する際にいうペアンの位置,あるいは簡単な止血用具のペアン鉗子に残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android