ペタリン・ジャヤ(読み)ぺたりんじゃや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペタリン・ジャヤ
ぺたりんじゃや
Petaling Jaya

マレーシア、マレー半島中西部セランゴール州中部のニュータウン。首都クアラ・ルンプールの南西8キロメートルに位置する。人口43万8084(2000)。クアラ・ルンプールの人口急増に対応するため、錫(すず)鉱採掘の跡地に1951年から造成され、政府機関、学校、病院、住宅などを整備、一画に工業団地を建設した。外資誘致による醸造、アルミニウム精錬、タイヤ製造などの各種工場がある。

[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペタリン・ジャヤの言及

【クアラ・ルンプル】より

…大都市圏の貧しい土地不法占拠者は推定20万人に達し,その居住地再配分が都市計画上の最大の課題である。南西に隣接する工業都市ペタリン・ジャヤPetaling Jayaは,初め首都の住宅問題解決のため立案された町であるが,低所得者を収容できず,イギリス型のニュータウンになった。この形式の町はさらに西郊へのび,新州都シャー・アラム(人口10万2000,1991)はペタリン・ジャヤ(人口25万4000,1991)をしのぐ工業都市になろうとしている。…

※「ペタリン・ジャヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる